外壁塗装の作業環境

外壁塗装を行う場合、塗装環境の違いによって仕上がりに差が出ることがあります。

真和建装では、塗装がきれいに仕上がる環境をしっかりと見極め、スケジュールを立てた上で実際の作業に当たっています。

外壁塗装に適した気温と湿度

塗装作業に適した環境、まずは塗料の乾きやすさについてご紹介します。

グラフは、気温と塗料の乾燥時間を表したものです。

気温が上昇すると塗料が乾きやすくなり、乾燥にかかる時間は短くなります。また、湿度が低い場合にも、乾燥にかかる時間は短くなります。

このため、塗装に最適な気温は、15~30℃、湿度は、40~75%と言われています。

塗料硬化参考グラフ
塗料硬化参考グラフ

外壁塗装に適さない気象条件

それでは反対に、塗装作業に適さない気象条件とは、どのような場合なのでしょうか。それは、

  • 雨天(塗装後、1~2時間以内に降雨が予想される場合)
  • 降雪(塗装後、1~2時間以内に降雪が予想される場合)
  • 塗装面に結露ができてしまう場合(早朝・夕方以降)
  • 炎天下の場合(塗料面が焼けてしまっている恐れがあるため)
  • 強風の場合(風速5m/秒以上の場合には、砂塵がたつため)

と言われています。

このような天候が予測できる場合には、お客様にもスケジュール変更や塗装環境向上へのご協力をお願いすることがあるかもしれません。

塗装作業をスムーズに進めるため

塗装作業を安全に、そしてスムーズに行うためには、気象条件だけではなく塗装現場の環境にも気を配ることが重要です。

まず、塗装をする場所は清潔でホコリがなく、適度な明るさがあることが大切です。ゴミやホコリがあると、それらが塗料に混ざってしまう可能性があるからです。

また、塗料には独特のにおいがあり、それが作業者の体調に影響してしまうことも考えられますので、空気の流れが良い、または換気設備がある場所が適しています。

完全な仕上がりにするためには、作業者の安全性にも留意し、塗装技術が十分発揮できる環境を整える必要があるのです。

 

塗装環境

建物を永く、美しく保つための、塗装作業に適した環境についてご紹介しました。

「お願いしようと思っている時期は、塗装に適していない時期かも」と不安に思われたり、「こういう条件で塗装できるのだろうか」と疑問に思われることもあるでしょう。

そのような場合には、スタッフがご相談をお受けいたします。ぜひ、お気軽にお尋ねください。

その他の基礎知識

外壁塗装の種類
外壁塗装の様々な機能
外壁塗装の耐用年数
top_knowledge_btn_01
外壁塗装の作業環境
top_knowledge_btn_02
外壁塗装と住まい

ご相談・お問い合わせ

住まいの外壁塗装、外壁・住宅リフォームなら「真和建装株式会社」にお任せください。大切な住まいを永く美しくお守りします。

btn_inquiry
freedial