kv_knowledge_timing

塗装検討の目安は7~10年

外壁の塗膜は経年とともに劣化していきます。その目安は、基本は壁面で10年。直射日光や紫外線を浴びやすい場所では7年~10年となります。

 

劣化を放置しておくとひび割れが発生し、そこから雨水が浸入すると、柱など住まいの構造が腐食するという深刻な問題を引き起こします。腐食が進むと住まいの強度が低下し、住まいの寿命が縮んでしまいます。

 

そのため適切な時期に塗り替えをしないと、建物を保護する機能が低下するのはもちろん色褪せてきたり、ひびが入ったり、サビたり、カビやコケが発生したりと見た目も悪くなってきます。住まいの外壁が汚いと住んでいる人も気持ちよくないですし、ご近所の方や訪れるお客様の印象も良くないのではないかと不安になるものです。

 

何より外壁の劣化に「まだ大丈夫」は禁物。劣化が改善することはありません。

 

放置が長く続くと最悪の場合、腐食や雨漏りといった深刻な事態を引き起こしてしまい、いざ修繕しようとしたときに塗装をする以上に多額の費用がかかってしまいます。住まいを永く美しくするためにも少しでも定期的に外壁を確認をし、少しでも気になることがありましたらご相談いただくことをおすすめしています。

塗り替え目安となる現象について

チョーキング現象

チョーキング現象とは、紫外線や風雨の影響で加水分解してチョークのような「白い粉状」のものが塗膜表面についている状態のことを言います。放っておくとヒビや壁が歪んで隙間が生じてしまうため速やかな対処が必要となります。

外壁チョーキング
外壁のチョーキング
木部チョーキング
木部のチョーキング

シーリングの劣化

シーリングとはサイディングの繋ぎ目の目地部分を埋めるために使われている材料のことです。経年の紫外線や風雨の影響でシーリング材は次第に固化、収縮し、亀裂や破断等を引き起こします。美観だけでなく、防水機能も低下するので定期的な対処が必要になります。

シーリング
シーリングの亀裂・破断

その他の基礎知識

外壁塗装の種類
外壁塗装の様々な機能
外壁塗装の耐用年数
top_knowledge_btn_01
外壁塗装の作業環境
top_knowledge_btn_02
外壁塗装と住まい

ご相談・お問い合わせ

住まいの外壁塗装、外壁・住宅リフォームなら「真和建装株式会社」にお任せください。大切な住まいを永く美しくお守りします。

btn_inquiry
freedial